効果があるのに刺激が少ない「ハイドロキノン」

しみ治療に使用されていたハイドロキノンが、今はクリームや化粧品に使うことが認められ、ハイドロキノンを配合したb.glen化粧品が注目を集めております。

■最強のしみ対策成分「ハイドロキノン」とは

元々は美容外科や皮膚科で、しみの治療に処方されていたお肌の漂白剤といわれる強力なしみ用治療薬ですが、2001年の規制緩和で化粧品への配合が行われるようになりました。

b.glenのしみ対策クリームは、このハイドロキノンのパワーを最大限に活用。さらに国際特許を取得した医療レベルの浸透テクノロジーがその効果を一段と高め、メラニンを減少させ、濃くなったしみを薄くします。

美容医療の現場では、このハイドロキノンとレチノールがシミの治療に処方される薬の代表格といえます。

■ハイドロキノン特有の刺激を半減

b.glenのしみクリームは、ハイドロキノンを1.9%配合。浸透カプセル化することで、美容外科や皮膚科で処方される4%配合のクリームと同等の美白効果が、モニターテストで実証されています。ハイドロキノンは濃度を上げるほど肌への刺激が強くなりますが、b.glenのしみクリームは、浸透カプセル技術により刺激が半減されております。

b.glenの「浸透テクノロジー」とは

従来のしみ対策化粧品は、有効成分のほとんどを肌に浸透させることができません。どれほど優れた成分でも、脂で覆われた人の肌に浸透させることは、技術的に非常に難しいのです。

有効成分が浸透してこそ、本当の意味で効果的なクリームであるといえます。そこで開発されたのが、ブライアン・ケラー博士による国際特許「浸透テクノロジー」です。

元々は癌や遺伝子の治療を目的に開発された医療技術でしたが、ケラー博士はこの技術をスキンケアに生かせないかと考えたのです。そして誕生したのが、b.glen社のスキンケア製品です。

有効成分の濃度をアップさせた化粧品も流行っておりますが、「浸透テクノロジー」を採用した製品を除き、ほとんどのしみ対策化粧品は有効成分を肌に浸透させることができません。

しみに効果のある、ハイドロキノン、レチノール(ビタミンA)、アスコルビン酸(ビタミンC)などの成分も本来お肌に浸透しません。しみ取りクリームは浸透テクノロジーが使われているb.glen製品をぜひお試しいただきたいと思います。

シミ・美白トライアルセット

1.ハイドロキノンしみ対策クリーム
2.コラーゲン保湿ゲル
3.ビタミンC美容液

  ビフォーアフターなど
  ⇒ b.glen公式サイトはこちら