サプリメントと薬を使ったスキンケア

花 大事なことは、サプリメントの選び方

女性

しみ対策のサプリメントがあるのをご存知でしょうか。老化現象により年齢と共にしみは増えてしまいます。肌のスキンケアだけでなく紫外線には、内側からのケアにも気を配る事が大切です。

サプリメントでしみ対策をしながらスキンケアに取り組んでみてはどうでしょう。まず大事なことは、サプリメントの選び方です。しみには何パターンがあり、不明な場合は皮膚科で診察してもらうことによって薬を使うかサプリメントを使うかの見極めがつきます。

肝班というしみがあります。40代の女性などにホルモン分泌の加減で生じ、目の下やほおに左右対称に出るという特性があります。色は濃褐色〜淡褐色まであります。

花 肝班に効果があるトラネキサム酸はサプリメントではない

赤ワインやポリフェノール、トラネキサム酸とビタミンCの組み合わせなどが効果があります。とはいえ、肝班に効果があるトラネキサム酸はサプリメントではないので、薬として購入する必要があります。

医療機関でしか手に入らず、通常はビタミンCと一緒に処方され2〜3ヶ月飲むのが一般的です。服用によってしみが明らかに薄れますが、サプリメントでの摂取はできません。トラネキサム酸はしみの原因となるメラニンを肌が作らないよう、ブロスタグランディンE2のに作用を防いでメラノサイトの働きを抑制するものです。

どんなしみがあり、どんな成分が効くか知るには専門医に診てもらうことです。トラネキサム酸を利用することで、サプリメントだけのしみケアでは行き届かなかった部分へのケアが可能です。

参考:膝の痛みとサプリメントの効果